大事なビジネスマナー

ビジネスマナーはお仕事をする上で必要なマナーの総称ですが、マナーと一口に行っても挨拶やお辞儀などの方法といった基本的なものから、ビジネスの現場で必要になってくる名刺の渡し方もあり、こうしたものはコミュニケーションを円滑に進めていくときに欠かせず、人をむすびつける最初の一歩に必要となるものです。そしてこうしたマナーはお仕事をしていくときに相手を不愉快にさせないようにするために基本的なマナーとなり、当然完璧にできれば、お仕事もできるといったことではないです。ここで言うマナーとは身だしなみや言葉遣いのことです。スーツはもちろんのこと、名刺の出し方や名刺入れ、財布なども含まれます。不自然に派手な財布を持っていればそれはビジネスマナーに沿っているとは言えません。男性は良質な革財布がよいでしょう。スーツは派手すぎず、よれていないものがふさわしいと言えます。

ですが、ビジネスマナーがよくないことで、取引先を不愉快にさせてしまうような状況を作ってしまい、商談がうまくまとまらないようなことがあれば損をします。そして、マナーをまったく気にしない人たちもいますが、それと相反し、非常に重視しているかたもいますから、初対面で相手のことをよく知らない時には、しっかりしたビジネスマナーで対応することが必要となります。そして人の持っているその方に対してのイメージのほとんどは初対面の時に生まれてきますが、その時のイメージはそれ以後なかなか変化がないといった研究もあります。

そして初対面で、この方はとても信頼できるといったことがあれば、その後のお仕事もスムーズに運びやすくなります。ですが、反対に最近の若い者はなどと思われてしまうと、今後のお仕事がうまくいかないようなこともおきて着ます。そして自分が能力主義でとにかく仕事をこなせば文句は出ないと言ったことは間違っています。ビジネスは多くの方たちによってつくられていき、コンピュータのみを相手にするものではないです。そして大きなお仕事なら、沢山の方たちがかかわってきます。こうしたとき、周囲とうまくやっていけるようなことがあれば喜んで協力してくれると思いますが、マナーを忘れ、人とのコミュニケーションがよくないといったことがあれば、協力してもらえなかったり、邪魔されてしまうことになります。