ほうれんそうをしっかり

業務におけるビジネスマナーの第一といえるものがほうれんそうですが、これは報告、連絡、相談の一文字ずつ取ったもので、基本動作と呼ばれていますが、しっかり理解していくことが大事です。そして報告は現状の状況を説明するもので、短時間で解決できるような問題でないときは上司に対し常に報告をする癖をつけていくことが大事です。そして報告のときは端的に伝えることが重要で、最初に結論を行って、そのあと経過説明をしましょう。

そして連絡は事実を伝えていく物で、何らかの事情によって遅刻すると言ったことがあれば、その事実をしっかり連絡し、同僚や社内間における情報の共有も連絡に含まれ、連絡は上司に直接伝えていく以外に、同僚や先輩など複数の関係者に伝えることが多いです。そして相談は、何らかのわからないことや疑問点などを先輩たちに対し、尋ねることなどで、業務がなかなかスムーズにいかない時や思うようにならない時に、しっかり相談し、解決していけるようにすることがビジネスマンの基本でしょう。そして、遅刻・早退・欠勤はなければいいでしょうが、どうしてもと言ったこともあるでしょう。そうしたときはしっかりした対応をすることで、後々についてフォローをすることが重要です。そして、遅刻は、あってはならないですが、やむ得ないような状況もあるでしょう。そして遅刻をしてしまったら、素早い対応とその後のフォローが大事です。

そして、体調が悪いときや個人的事情によってやむ得ず早退しなければならないようなこともありますが、通常正当な理由があると早退が許可されることがほとんどです。ですが、多くの会社は相対するときしっかりした手続きが必要とされています。