頭の下げ方がわかる

挨拶の時言葉とともに頭を下げるといったことが基本ですが、お辞儀は、ビジネスマナーでは敬礼や会釈、最敬礼の3種類に分けれられていて、それぞれ使い方が異なっています。そして会釈は軽く前傾してお辞儀をしますが、角度はおよそ15度程度で、一日に何度も顔を合わせるような方たちへのあいさつに有効です。そして敬礼は、お辞儀と呼ばれて折り、30度ほど前傾してお辞儀します。そして取引先との挨拶の時やお客様とあった時何かお願いするときに使います。そして最敬礼は最も深く頭を下げる物で、めったに活用しませんが、多用してしまうとわざとらしさを感じますが、一般には謝罪などに利用することが多いです。そしてお辞儀はまず相手に視線を向け挨拶の言葉を述べ、言葉を言い合終えたら、お辞儀して、その後状態を起こし再度相手に目を向けることが正しい方法です。

そして挨拶の言葉を述べながら下げる方もいますが、これは正しくはなく、おはようございますというのなら、す、まで発音した後、頭を下げることが大事です。そして、相手より高い位置であいさつはだめで、階段で会ったときはかならず同じ高さでお辞儀をしましょう。そして、ビジネスマナーの範囲にならないでしょうが、お茶くみとさしだしは新入社員の仕事としている企業もあり、おいしいお茶の入れ方についてですが、お茶は簡単に入れられるように思えますが、熱湯を茶碗に八文目に注ぎ、茶碗のお湯と茶葉を入れた急須に注ぎ、1分待って、お茶を茶碗に注ぎますが、このときお茶の濃さを均等にさせるため少量ずつ注いで、茶たくに乗せるとき、茶たくと茶碗がつかないように茶碗の下を布巾で拭くといったことが大事です。そして、複数の方にお茶を出すなら、最上位の方から順に出していきましょう。