言葉遣いの種類がある

謙譲語は自分を一段へりくだって行くことにより、相手に対し敬意を示す言葉です。そして自分はもちろん自分の動作、所有、所属などへりくだっていくことで話し相手を立てていけます。そして丁寧語はです、、ますに代表されていますが、物の名称などに、お、ご、など付けていくことで丁寧にしていくことがで、自分自身をよく見せて行くことができるようになり、目上や目下にかかわらず、普通の話し言葉として利用できる言葉です。そして敬語は、たんにたくさん利用すればいいといったことではなく、過剰な敬語は相手に嫌味を与えてしまったり、聞きにくいことばになることがあります。そして敬語はしっかり理解してから使い慣れて行くことが重要です。普段から練習しておきましょう。そして尊敬語と謙譲語の間違いは多く、本来目上が使う言葉を目下の方が使うといったことも違和感が出ます。

そして、ビジネスの現場はスピードが求められますが、最初に結論を述べ、必要ならその理由や意見を述べていきます。そして、ビジネスの会話は相手がからなずしも自分の話をよく聞いてくれることではなく、営業では相手は聞き耳を立ててくれないことがあります。そうしたとき、うまく聞いてくれるような努力をする必要があります。そして小さい声は自身がないような感じがしますし、文章の語尾をあいまいに発音すれば子供ぽく感じてしまうでしょう。そして声はできるだけはっきり、語尾までしっかり話すようにしましょう。そして、ほかにはビジネス会話のポイントにクッション言葉がありますが、これは相手にたいし、反対意見を述べたり、拒否するときに利用する言葉で、うまく利用してみれば、相手にやわらかい印象を与えられるでしょう。