休むときには

欠勤は基本的には当日になって欠勤の申し出るといったことはよほどの事情があるときのみですが、新人でも若手でも会社にとっては重要な戦力であり、もしも抜けるといったことはそれを誰かが穴埋めをすることになりますから、大きなマイナスとなってしまいます。そして、しっかりした対応とフォローが大事です。そして、原則、早退、遅刻、欠勤はしないことが基本で、少ない回数なら簡単な注意ですむことがありますが、繰り返されるときは会社からの評価が落ちる以外、場合によっては懲戒処分など受けてしまうことがあります。

そして、一度や2度の遅刻や欠勤とは考えず、2度としないような対策が必要とされます。そして、社内での人の呼び方は原則、さん付けを守りましょう。そして後輩なら呼び捨てでもいいでしょうが、相手が目上の方なら、役職に関係なくさん付けが原則で、新入社員のときは社内すべての方をさん付けあるいは、役職名で呼ぶようにしましょう。そして、社内の方には常に尊敬の念と丁寧な接し方を心掛けてください。そして役付きでない方のときは、~さんと付けることが基本で、それに対し、役付きのときは~課長といったように役職名を入れましょう。

そして、会社によってはどの役職の方もさん付けで呼ぶようにしているところもあります。こうしたときはその会社の呼び名に従っていきましょう。そして名前に役職名付けることで尊敬的意味があり、~課長と呼ぶことは不適切となります。そして、説明したことは、社内におけるビジネスマナーであり、所変われば呼称はまた変わります。そして、社内にいる人の呼び方は、あくまでも内のマナーなので、取引先に社内の方を呼ぶときは内と外の取引になり、微意時根すマナーとして、外>内といった呼称にすることになります。